音楽文化は私達の色んな生活の中で体験できる

音楽文化を体験できる場所
音楽文化は、その国や民族、時代によって様々な音楽が生まれ、今も残っています。最近、日本では音楽業界が不況という話も耳にしますが、音楽自体が廃れたわけではなく、逆に音楽文化広がりをみせています。
音楽文化を体験できる場所は、私達の生活の中で、様々な場所で体験することができます。自宅でオーディオを使って音楽を楽しむ、外出先でウォークマンを使って音楽を楽しむこともできます。
また、商業施設など、公共の場でも音楽が使われ、日常生活の中で音楽をまったく聞かないということは少なくなっています。
音楽が好きな人にとって、自分が贔屓にしているミュージシャンの音楽がいつでも聴けるというのは大変うれしいことだと思います。
ここでは、音楽文化の広がりについて詳しく紹介していこうと思います。
フィギュアスケートと音楽
フィギュアスケートでは音楽が注目されることがあります。
日本でもフィギュアスケートが人気で、フィギュアスケーターにファンが付くこともあり、また、大きな大会で日本選手が表彰台に上がることもあり、注目されるスポーツのひとつです。
そのフィギュアスケートでは、プログラムで使われる音楽が度々注目されることがあります。
フィギュアスケートファンの間では、シーズンが始まる前からどの選手がどういう曲を使うのかとか、使ってほしい曲などの話題で盛り上がります。そういう話題の掲示板もあり、SNS上でも話題が出ます。
フィギュアスケートで使われる音楽はクラシックか映画や舞台の音楽が多いです。クラシックは昔からこの競技に使われていますし、映画や舞台の音楽はイメージを作りやすいです。
どんな音楽で滑るか、そしてその音楽に合わせてどのように表現するかは、選手やコーチの趣向などが大きく繁栄されるため、同じ楽曲であっても、まったく同じ演出になることはありません。
そのため、フィギュアスケーターはフィギュアスケートの技術を磨くだけでなく、演出の幅を広げるため、バレイやダンスといったもののレッスンをおこなったり、他のスポーツ選手と同じように、身体を鍛えるなどのトレーニングも行います。
こうした練習中でも音楽を聞きながら、集中力を高めたりと、音楽が活躍しています。
音楽がある生活
さて今回音楽がある生活についてお話させて頂きます。
元々、生活において民族のおまじないやまつりごとなど色々な場面で存在していた音楽。そこで我々の現在の音楽との密接なかかわりを考えていきたいと思います。今ではスーパーへ買物へ行ったり髪を切りに床屋さんへ行ったりすると必ず一度は耳にする音楽。今では生活するにあたって非常に近い存在となっています。またプロのスポーツ選手の間でも身体や精神を癒したりリラックスさせるために音楽を用いる場面が非常に多いです。音楽は人の身体にとって癒しや気分向上などをもたらす効果があるのです。
また音楽を奏でる場合においても素晴らしいメリットが非常に多くあります。音楽は言語ではありませんから基本的に世界共通の表現方法として存在します。ですので言葉は全く通じなくとも外国の方と言葉を交わすことなく一緒に楽しむことも簡単に行えます。今ではインターネットなどの進歩によってより海外の方と近づくきっかけがありますがそれに音楽が加わればもっと身近なものとなるでしょう。このように音楽がある生活というものは日々を楽しいものにそしてより世界が広がるツールとなっており古来より現在まで廃れずに残ってきた理由といえるでしょう。
音楽を聴いて得られる効果
趣味が音楽鑑賞の人もたくさんいますが、実際に音楽を聴くとどのような効果を得る事が出来るのか見ていく事にしましょう。
・気分が上がる
日常生活の中で自分の思い通りに行かないと気分が下がってしまう事も多いですが、音楽を聴く事で下がっている気分を上げていく事が出来ます。特に自分の好きな音楽を聴く時ほど気分も上がっていくので気分が下がっている時ほど音楽を聴く習慣をつけておくといいでしょう。
・昔を思い出せる
音楽を聴く時は現在の曲だけではなく昔の曲を聴く事もあるでしょう。昔の曲を聴くと青春時代の頃を思い出して学生時代の友人や思い出などが浮かんできます。それで実際に学生時代の友人と再会する事が出来る事もあります。
・心を整える事が出来る
音楽には気分を上げる事が出来るロック系の曲がありますが、気分を落ち着かせるバラード系の曲もあります。バラード系の曲を聴くと精神面が乱れている時に癒してくれるので心を整える効果が期待出来ます。精神面が乱れていると感じたらバラード系の曲を聴いてみるといいでしょう。
今まで音楽はCDで聴いていましたが、最近ではスマホにダウンロードして聴く事も出来るので日常生活の中で音楽を聴く習慣をつけてみるといいでしょう。